簡易アプリ版(PWA)に対応しました。インストール方法はこちら。

【葬送のフリーレン】フリーレンのキャラデザイン公開!そしてアフレコに臨んでいる種﨑敦美さんからコメントも到着!【最新ニュース情報】

ニュース

アニメ「葬送のフリーレン」の最新ニュースが更新されたよ!
簡単に紹介するね!

アニメ『葬送のフリーレン』公式サイト
2023年秋 放送開始! 原作: 山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)、マンガ賞2021 大賞受賞作が待望のTVアニメ化!“魔王を倒した後の世界”を舞台に繰り広げられる、魔法使いフリーレンと仲間たちの旅路。
スポンサーリンク

ニュース紹介

オタク必見!
2023年秋から放送される『葬送のフリーレン』の主人公・フリーレンのキャラデザインが公開されました!
魔法使いでありながら、魔法オタクでずぼらな性格のフリーレンは、1000年以上生きるエルフということもあり、人間ではうかがい知れない面も。
彼女の心にも変化が現れるストーリーに期待大!

さらに、フリーレン役の声優・種﨑敦美さんからは、キャラデザインについてのコメントや演じる時の心がけなど、アニメファンにとって興味深い内容が語られています。
アニメーションでのフリーレンの活躍や“魔法”に注目です!

NEWS|アニメ『葬送のフリーレン』公式サイト
2023年秋 放送開始! 原作: 山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中)、マンガ賞2021 大賞受賞作が待望のTVアニメ化!“魔王を倒した後の世界”を舞台に繰り広げられる、魔法使いフリーレンと仲間たちの旅路。
スポンサーリンク

ニュース本文

フリーレンのキャラデザイン公開!そしてアフレコに臨んでいる種﨑敦美さんからコメントも到着!

2023年秋からの『葬送のフリーレン』放送開始に向けて、主人公・フリーレンのキャラデザインが公開となりました!

【キャラクター紹介ページはこちら

フリーレンは、勇者パーティとして魔王を打ち倒した魔法使い。魔法であればどんなものでも興味を持つ魔法オタクで、性格はずぼらでドライ。千年以上生きるエルフということもあり、人間ではうかがい知れない面もある。一方の彼女も人間の気持ちや感覚を理解し難い中で、勇者ヒンメルらとの触れ合いや新たな仲間との旅を経るうちにその心にも変化が現れ始める…。というキャラクター。少女のような外見ながら千年以上生きる長寿、常に冷静で達観しながら日常生活ではずぼら、そして絶大な魔力による魔法の使い手。原作者の山田鐘人氏・アベツカサ氏によって生み出され、その稀有な魅力で読者を魅了しているフリーレンのアニメでの活躍に向けて、長澤礼子氏が原作者・制作陣とディスカッションを重ねキャラクターデザインを手がけました。

そして、キャラクターデザインについて、現在本編のアフレコに臨んでいるフリーレン役の声優・種﨑敦美さんからコメントが到着しました。

「言葉がなくともキャラクターの目元や口元からもたくさんのものを感じ取れる作品なのですが、発表されたキャラデザインも大きな表情変化ではなく細かな表情変化がたくさんで、アニメーションスタッフの皆様の想いがここからも伝わってくるなぁと思いました。本当に丁寧に作ってくださっているので早く見ていただきたいです…!」

また、『葬送のフリーレン』のアフレコに臨む中で、改めてフリーレンの印象を伺うと…。
「真っ白の上に知識と経験と思い出と…って、いろんな色が重なっているけど重なってもなお基本真っ白…という印象です。何もないという意味ではなく無垢…?というか。魔法使いとしてとんでもない力があったり、時間が果てしなくあるなりの時間の使い方をしたりはするのですが、1000年生きてるわりにはとても普通なところが普通じゃないなぁと思います。」

フリーレンを演じるうえで心がけていることは?という問いには次のようにコメント。
「今作に限らず、自分で固めすぎずに現場で作っていくのは大事にしたいといつも思っています。あとは…心がけている、というほどではないのですが、キメなきゃいけないシーンほどスッと自然に、ゆるめな、くだらないことをやってるシーンほど大真面目にやれたらいいな…みたいなのは頭の片隅にあるかもしれません。」

そして、アニメ放送に向けて、原作読者・ファンにメッセージを寄せてくれました。
「「ああ…」と感じとったあとは大事に自分の中にふわっと閉じ込めておきたくなるような、言葉にできない、してしまいたくない、いろんな繊細な感情に溢れている作品だと思っています。アニメーションで、音楽で、声で、お伝えできるよう感じとっていただけるよう、みんなで心をこめて作っております。是非、放送をお楽しみにです。」

今回キャラクターデザインが公開されたフリーレンが、種﨑さんの演技と共にどのようにアニメーションで描写されるのか、そしどんな“魔法”を見せてくれるのか。ご期待ください。

元記事:葬送のフリーレン

タイトルとURLをコピーしました